グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年04月01日

僕と、君と、ときどき仕事-act12-

第12話「四界士」

修二のおじさんの家の中。
けっこう広かった。
「お茶持ってくるから、二人の相手してて」
修二はそう言うと、台所へ行った。
「お二人さんは、何というのだい?」
おじさんが尋ねる。
「私は美緒」
「俺は敬」
「そうかい。美緒君に敬さんかい」
「違うって!」
「ハハハハ。そうか、すまないね。
 ところで、魔族はどっちだい?」
「修二が美緒って言ってたけど・・・」
「そうか。確かに、顔がそんな顔だ」
「ひどいぃ」
美緒がそう言うと、三人は笑った。
「ところで、修二から話は聞いただろう」
「はい、暗黒魔導師が暴れまわってるって・・・」
「修二はそれしか言わなかったのか?」
「そうだけど・・・」
「じゃあ おじさんが詳しく話してあげよう」
「え?」
二人は驚いた。

その昔、この世界には四界士と言う、魔族がおった。
いわゆる四天王だな。
それぞれ司る魔法があった。
安曇野氏は暗黒魔法を、日向氏は召喚魔法を、佐原氏は白魔法を、そして我々伊賀氏は黒魔法を司っていた。
そして、互いに勢力を保っていたんじゃなあ。
しかし、突然安曇野氏が力をつけてきてなあ。
他の勢力を押していったのじゃ。
まずは日向氏が全滅した。
次に、佐原氏が全滅した。
これが予想外で、白魔法の神聖な力が、あと少しで負けてしまった。
それからしばらくは安曇野氏は攻めてこなかったが、
ちょうど一月前、攻めてきたんじゃ。
そして、我々で残ったのは修二とわしだけじゃ。
他は全滅した。
しかし、希望の光ってものはいつの時代も隠れているもんで、
修二に渡した本には、全てが書いてあった。
美緒さんは、佐原氏の末裔じゃ。
しかし、修二には驚かされた。
実は、修二はそれぞれの血を引いているらしい。
今のところ、暗黒魔法は使えんが、
そのうち使えるようになるだろう。
とにかく、修二一人じゃ無理だから、魔族を探して来いといったんだ。

「へぇ・・・意外」
「でも、俺を連れてきたのは何故?」
「何、魔族じゃないのか?」
「魔族が弓使うか!このくそじじい!!」
「敬は、四天王の末裔だよ・・・」
修二がお茶とケーキを持ってきた。
「何それ?」
三人が声をそろえて訊く。
「敬は、四天王の血を引いている
 そう本に書いてあった」
「え・・・」
敬は唖然とする。
「だが、四天王はまだ・・・」
「もういないんだよ。あいつに消された・・・」


第13話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 23:40Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月31日

僕と、君と、ときどき仕事-act11-

第11話「帰郷」

扉の中は真っ暗だった。
修二たちはその中を進んでいく。
少し進むと、光が差してくるのが見える。
「あと少しだぞ」
修二はそう言うと駆けていった。
二人もその後を追いかけていく。
修二は光が差しているところに駆け込んだ。
二人もその後をついていく。

外にでると、そこは廃墟だらけになっていた。
中にはまだ燃えている家がある。
「・・・・・・ひどい・・・・・・」
美緒は道端に倒れている子供を見ながらそう言った。

しばらく歩くと、修二は立ち止まった。
「ちょっと待ってて」
と言うと、目の前の民家の玄関の前に立ち止まった。
「おじさん、俺だよ、修二だよ」
「修二?修二なのか?」
「そうだよ、だから開けて」
「ちょい待っててくれ」
すると、玄関が開いた。
「お~修二、どうだった?」
「うん、ギリでセーフ」
「意味分からん」
「まあいいよ。それより友達連れてきたんだけど、いい?」
「ああいいとも。」
「二人とも早くきてぇ」
修二は二人を呼んだ。
「何?」
「まあ入って。」
そう言うと、修二は強引に二人を中に入れた。

第12話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 23:21Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月28日

僕と、君と、ときどき仕事-act10-

第10話「出発」

修二の家。
そこは、いたって普通だった。
一点を除いては・・・

「なんかあの扉キモイ」
「あそこから行くんだよ」
「なんかヤダ・・・」
そして打ち合わせ。
「まず、今日は行かないで明日行こう」
「何で?」
「実は、こっちと向こうじゃ時間の経過が違うんだ。
 向こうにいる間はずっとこっちの時間は止まってる。
 だから、学校行く前にいっても大丈夫なわけ」
「へぇ。で、お金とかは要るの?」
「お金は敵を倒して手に入れる。」
「武器とか装備は?」
「武器はこっちにあるけど、むこうでも知り合いが生きてたらくれるかもしれない。
 アイテムも多少はこっちにあるから・・・」
「二人してさ、今日は家んちに泊まる、って言ってきたほうがいいよ。」
「うん。で、いつ行くの?」
「明日の6時にしよう」
「わかった。持ち物は?」
「こっちで用意する。だからいいよ」
「わかった。じゃあ帰るわ。じゃね」
「美緒も。じゃあね~」
二人は帰っていった。
「あ~めんどくさ・・・」
渋々修二は用意を始めた。

夜9時ごろ。
玄関のチャイムが鳴った。
修二が玄関を開けると、美緒と敬が立っていた
「おつかれ、入っていいよ」
部屋に入ると、布団が敷いてあった。
「・・・もう寝るのか?」
「明日早いから・・・」
「・・・風呂は?」
「そこを右に曲がった突き当たりだけど」
「そうじゃなくて、入らないのかって訊いてるの!」
「いや、だって、俺は入ったぞ」
「はやっ」
「美緒ベットがいいな~」
「家んちにベットなんてくだらないものはない」
「え~~~~」
「文句言うな!風呂入るなら入れ!」
「わかったよ・・・ったく」
敬は風呂場へ向かった。
美緒は布団の上でケータイをいじっている。
修二は二人の予想外の行動に困ってしまった。


翌朝。
「みんなして準備はいいか?」
「美緒オッケー」
「いいけどさ、何で俺は弓なの?」
「だって、野球部だろ?なら命中率がいいかと思って」
「でかくて邪魔だよ・・・」
「ってことで、行きましょう!」
「はい!」
修二は古くさい扉を開ける。
すると、中は暗闇だった。
「俺についてきて。最後の人は扉を閉めてね」
そういうと、修二は中に入っていった。
敬と美緒もついていった。

第11話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 22:16Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月27日

僕と、君と、ときどき仕事-act09-

第9話「誘い(いざない)」

一週間後。
放課後でちょうど教室が空になるころ。
修二は、美緒と、敬を呼んだ。
「今から二人に言いたいことがある」
「何?」
二人は声をそろえて聞いた。
「別世界の存在って信じる?」
「美緒はちょっと信じる。」
「俺は・・・信じない」
「実は・・・俺はそこから来たんだ」
「え?」
修二の言葉に、二人は驚いた。
「別に、ただふらふらと来たわけじゃないんだ。
 実は、こっちで重要な用事があって来たんだ・・・
 説明するから、信じて」
「うん。」

俺が居たところは、「イグアス」っていう世界で、
それこそファイナルxxxxx-と同じ世界だ。
昔は平和で、すごく楽しかった。
ほんの少し前、って言ったって、100年前になるけど、
その平和な世界は一瞬にして暗黒の世界になってしまった。
「暗黒魔導師 安曇野与一」って奴が来て、街をひとつひとつ潰していった。
俺も被害者の一人、っていうか、生き残りだな。
あいつが来たとき、父ちゃんがこう言ったんだ。
「我々の力だけではどうしようもない。だから、向こうの世界に行って、
 我々と同じ魔族の血を引いた奴を探して来い。
 手がかりはこの本に書いてある。きっといるはずだから、頼んだぞ」
そういって、次元の扉に俺を放り込むと、スグに扉を閉めてしまった。

「だから、その後のことは知らないんだけど、あのまま行けば
 もう2,3しか街は残ってないと思う。
 んで、こっちに来た俺は、本を頼りに魔族を探していた。
 そしたら、美緒がそうだった、ってわけ」
「なんか悲しいね・・・」
美緒はそう言うと泣き出してしまった。
「おい、そこで泣くなよ」
横から敬がツッコミをいれる。
「だから、二人にお願いがある」
「まさか、一緒に来い、ってんじゃないだろ?」
「そのまさかです」
「おい待て!美緒はともかく何で俺まで巻き込むんだ?」
敬の質問に、修二は困ってしまった
「それは・・・」
「それは?」
「美緒と仲がよさそうだから」
「おい!」
敬は単純な理由に脅かされてしまった。
そのとき、美緒が立ち上がった。
「美緒、一緒に行きます!」
「おいおい・・・」
敬は横で不安そうに美緒を見ていた。
「わかったよ。俺も行くよ。」
敬もゆっくり立ち上がった。
「ありがとう。助かるよ」
修二も立ち上がった。
「詳しいことは、後で決めよう」
「じゃ 5時に公園で。」
「いや、修二の家にしようよー」
「そうだな、じゃ、また後で」
そう言って三人は別れた。

第10話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 22:28Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月26日

僕と、君と、ときどき仕事-act08-

第8話「実力」

ある日のこと。
ちょうど昼休みだった。
修二たちはいつものように騒いで遊んでいる。
そのとき、校舎が大きく揺れた。
警報がなり、生徒達は外へ避難していく。
しかし、そこに修二はいなかった。
美緒と敬はそれに気付く。
校舎の上を見ると、修二の姿があった。
それを見つけた二人は、急いで上へ向かった。

そのころ、修二は魔物と対峙していた。
「また随分と派手な登場だな」
「関係ない。お前さえ消し去ればいいのだ」
「馬鹿にすんなよ」
修二はそう言うと、魔法をかける。
しかし、魔物は倒れない。
「そんなものか。がっかりしたな」
「これからだよっ」
ついに修二はキレた。

一方、屋上に出た二人は、修二を見つけた。
美緒と敬は隠れた。
「ヤバイなー」
「だね、隠れてようよ・・・」
隠れ場所を探し出し、身を隠した頃には、修二が近くにいた。
修二は二人に気付いたように喋りだした。
「お前ら、黒魔導師の実力を見とけよ」
そう言うと、修二は魔法を絶え間なく連発した。
敬は状況がつかめそうに無いので、美緒に話を聞いた。
「何アレ」
「今修二は『アルテマ』を連発してるの。一番強力な魔法だよ」
「うわぁー恐ろしい」
「でしょ?」
二人が喋っている間に、戦闘は終わっていた。
修二は、魔物に近づいていった。
「言っただろ、馬鹿にすんなって」
「う・・・無念・・・」
「残念だったな・・・」
そう言うと、修二はナイフを出し、魔物に突き刺した。


第9話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 23:38Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月22日

僕と、君と、ときどき仕事-act07-

第7話「修練」

放課後。
美緒と修二は学校の裏にいた。
「強くなるには基礎の鍛錬が重要だな」
「何するの?」
「じゃあ、俺に対して、魔法で攻撃してみな」
美緒は言われるままにやってみた。
「やっぱり弱いね・・・かなり時間がかかりそうだな・・・」
そして、1時間が経った。
「今日はこれで終わり。明日になれば分かるな」
「今わかんないの?」
「まあ帰ろう」
そして二人は帰った。

翌日。
まだ朝の学活が始まる前、美緒と修二は廊下に出ていた。
「どこでもいいから、ファイア、サンダー、ブリザドのどれかを出来る限りかけて」
美緒は適当にかけてみる。
すると、昨日より数が増えていた。
「一回でMPを4消費するから、4x21は?」
「84・・・って、かなり頑張ったんじゃない?」
「そうだな。でもまだ足りないな」
「えー・・・疲れるのに・・・」
チャイムが鳴った。
二人は慌てて教室に戻った。

そして放課後。
「またいくぞ。いいな?」
美緒は頷いた。そして魔法をかける。
そして、今日も1時間続いた。

翌日。
「じゃあ、適当にケアルガでも誰かにかけて」
美緒は、具合の悪そうな人に魔法をかけていく。
「すごいな。10人回復できたか。っつうと、だいたい160だな」
美緒は飛び跳ねて喜んだ。
一方、修二はあまりの成長の早さに驚いていた。
「これからは、自己責任で練習しな」
「え?まだやるの?」
「当然。じゃ、期待してるぞ」
修二の言葉に、美緒は困った。
そして、美緒は胸に熱い物を感じた。


第8話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 20:45Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月17日

僕と、君と、ときどき仕事-act06-

第6話「悪戯」

休み時間の学校。
美緒は、どうするか考えていた。
昨日のうちに本に書いてある魔法は全部覚えた。
(最初は弱くして、次にドーンといってやるかな)
まず美緒は修二にサンダーで攻撃する。
(サンダー!)
すると、修二の頭にかみなりが落ちたが、本人は痛くないらしい。
落ちたかみなりも頼りない。
すると、修二はこっちを向き、睨みつけた。

昼休み。
修二は美緒に言った。
「お前、俺を馬鹿にしてるのか?」
「何で?」
「お前俺がどういう血を引いているのか知ってるのか?」
「しらな~い」
「俺はこう見えて黒魔導師なんだぞ」
「え?」
「『え?』じゃな~い!」
「え?だって・・・」
「お前と俺とじゃ根本的に違うの!
 MPの量、魔力、その他もろもろ!」
「そんなこと言われても・・・」

ということで、解説しよう。
黒魔導師とは、主に攻撃魔法を扱う魔法使いである。
MPとはMagic Pointの略で、魔法や技を使うときに消費する。
魔力とは、攻撃力の魔法版で、高いと与えるダメージが大きくなる。
魔法使いは、MP,魔力、魔法防御が高い。
逆に、戦士系はそれらが低いのである。
以上、修二に代わっての解説ですた。

「・・・わかった?」
「わかった。でも、どれくらい違うの?」
「それは・・・まあこれ見て」


「なんか間違えてない?」
「これが事実なの!」
美緒はショックを受ける。


第7話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 23:03Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月16日

僕と、君と、ときどき仕事-act05-

第5話「魔法」

「何これは・・・全然読めない・・・」
美緒は、自分の部屋で修二に渡された本を読んでいた。
「どうしろってんだよ!」
半分切れている美緒。
すると、本の間に紙が挟まっていた。
「何々?・・・あーなるほど」
その紙には、字の読み方が書いてあった。
「ってことは、これは『ファイア』って読むんだ・・・」
「これが『サンダー』で・・・ん?これってそのまんまじゃん!
 ホントにxxxxファンタジーの世界だなぁ・・・」
美緒は思わず驚いてしまった。
(そうだ、試してみよう)
美緒は外に出た。
庭の雑草を見つけると、魔法をかけてみた。
「ファイア!」
すると、たちまち草は燃えた。
「サンダー!」
今度は別の草にかけてみた。
すると、草にかみなりが落ち、当たったところは黒く焦げた。
「ブリザド!」
またやってみる。
しかし、今度は変化が無い。
美緒は魔法をかけた草に近づく。
すると、なんと霜が生えている
「すげぇ・・・」
美緒は思わず驚いてしまった。
(こりゃいいや。明日修二で遊んでみよっと)
実はsな美緒だった。


第6話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 21:25Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年03月15日

僕と、君と、ときどき仕事-act04-

前回のあらすじ
 美緒は修二の正体を知る。
 彼はまるでゲームの主人公だった。
 そんなことで悩んでいる美緒を、
 あるできごとが襲う。

第4話「影響」

朝の時間。
生徒達は教室で騒いでいた。
美緒は、視線を一点に注いでいる。
視線の先には、赤い花がある。
美緒はそれが嫌いらしい。
(あんなの、燃えちゃえばいいのに・・・)
そう思った瞬間、花が勢いよく燃えた。
これにはみんなが驚いた。
「何、どうしちゃったの?」
「え、なになに?」
みんな騒いでいる。
その後、火は消えたが、花は無惨な姿になった。

休み時間。
修二が美緒に聞く。
「どこであんなの覚えた?」
「何の話?」
「とぼけるな。真面目に答えろ」
「知らない。何か見てたら・・・」
「・・・そうか。じゃあ、これでも読め」
修二は一冊の本を渡す。
「何これ?」
「見てのおたのしみ」
美緒はため息をつく。
(帰ったら本読もっ)
美緒はそう思った。


第5話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 23:22Comments(4)僕と、君と、ときどき仕事

2008年02月29日

僕と、君と、ときどき仕事-act03-

前回のあらすじ
 放課後、美緒は何かに
 追いかけられる。
 追い詰められたとき、
 修二が助けに来た。
 そして美緒は修二に
 正体を聞き出そうとする。

第3話「修二の正体」

「何って、仕事だよ」
「は?どう考えたって違うでしょ?」
「仕事は仕事で仕事だよ!」
「マジで意味わかんない~」
「じゃあこう言えばいいか?
 魔物の退治ですよって!」
「それは仕事って言えるの?」
「まぁ・・・言える?」
修二の曖昧な答えに混乱する美緒。
それを見た修二は
「じゃあ説明するよ・・・」
と言って校舎の陰に美緒を連れてく。

「要するに、さっきお前を追いかけてきたのは
 犬でもない、単なる魔物さ。分かる?」
「ん~・・・何となく」
「で、俺はその魔物を退治、要するに抹消する
 っていうめんどくさい職業。これも分かる?」
「それがわかんない」
「だから・・・こう・・・何て言うか・・・だよ?」
「意味わかんないし」
「もうどうだっていいよ。話進めるよ?」
「うん」
「だから魔物を武器とか魔法を使って退治するの。」
「あ~なるほど、要するにファイナルファxxジーと同じね!」
「そうそう!そゆこと」
「わかった。じゃあ何してもいいね?」
「何それ。どーゆーこと?」
「不死身ってこと。」
「まさか。ちゃんと死ぬよ。」
「使えねー!」
「痛いこと言う奴だなぁ」

(なんかいまいちわかんないなぁ)
帰り道、美緒はそんな事を考えていた。
(なんであんな事ができるんだろう?)
確かに、現実世界とは思えないことである。
とくに魔法なんてあるわけが無い。

しかし、本当にわからない事が起こった。

第4話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 18:43Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年02月26日

僕と、君と、ときどき仕事-act02-

前回のあらすじ
 ある授業のとき、先生の質問に
 あっさりと答えた修二。
 それには誰もが驚いたが、そこで
 美緒は調べてみる。
 しかし、分からなかった。
 そして、落書きをしていた。

第2話「修二の衝撃たる光景」


完成した落書き。
それは、何と修二に似ていた。
(は?こんな風に書いた覚えないんだけど!)
慌てて落書きを消す美緒。
そんな現場を、見ていた奴が一人いた。
その名は、敬。
敬は考えた。
(たまにはアイツからかってみ~よおっと!)
「おい、お前修二のことが好きなんかい?」
「は?んなわけねーじゃん!」
「へぇ~、じゃあさっきのは何かな~?」
「な、何だっていいじゃん!」
「いいじゃねえか教えてくれたって、ケチ」
たわいもない会話は終わっていく・・・

そしてまだ暖かい放課後・・・
校庭の端から端へ何かが駆けていく・・・。それも二つ。
一つは美緒だった。もう一つは、犬に似ていて、美緒くらいの大きさの生物である。
しかも、美緒はそれに追いかけられていた。あまりの恐怖に
「キャー、助けてー!」
と叫ぶ。しかし他人は逃げてしまった。
校庭を必死で逃げ回る美緒。目には涙が・・・
そして、ついに端まで追い詰められてしまった。
(もうダメ、このまま死んじゃうの・・・?)
そう思った瞬間だった。
見えない速さで動く「何か」が、美緒の前を通り過ぎた。
おまけに、追いかけてきた生物は目の前から消えていた。
ふと右側を見ると、驚くべき光景が目に入ってきた。
あの「生物」と対峙しているのは、なんと修二であった!
この事態を、美緒は飲み込めていなかった。
「早く逃げたほうがいいんじゃない?」
修二の言葉が聞こえ、美緒は指示に従った。
とはいえ、遠くの木の陰に隠れただけだった。
(今が修二の正体を暴くチャンスだ!)
美緒はそう思った。

一方、対峙している修二は両手に刃物を持っていた。
おまけに持ち方がすごい。
そして次の瞬間、理解できない事態が起こった。
「生物」の前にいた修二が、いつのまにか後ろにいた。
そして、「生物」は倒れた。どうやら死んだらしい。
隠れていた美緒は修二に近づいてく。
「何、何したん?」
「何って・・・」


第3話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 20:20Comments(0)僕と、君と、ときどき仕事

2008年02月25日

僕と、君と、ときどき仕事-act01-

第1話「始まり・・・」

(あんなことしてるからバカなんだよ。
 まったく・・・)
ある中学校の教室。
中学2年の美緒(みお)は、窓際の席に座っている
修二(しゅうじ)を見ながら思った。
当の修二は相変わらず空を見上げている。

美緒は、成績優秀だが、あまり運動は得意ではない。
しかし、社交的で、友達もたくさんいる。
修二はいたって謎だらけの転校生である。
そのため、周りには友達がいないらしい。

そのとき、先生が言った。
「おい修二、この文を訳してみろ」
(どーせできっこないね。)
美緒は思った。しかし、
「その国には、たくさんの都市がある。」
なんと、あっさり答えた。
これには、クラスのみんなが驚いた。
話を聞いていなかった人間が、こんなに出来るものなのか?
そう、誰もが思った。

10分後、授業はチャイムと共に終わった。

あまりにも不思議な存在に美緒は刺激された。
そして、修二の前に立つと、
「なんであんなにすぐ分かったの?」
と聞いてみた。
「分かるから・・・」
謎めいた答えである。
「じゃあテストはどうだったの?」
「悪いよ。60点ぐらい。」
ますます謎に包まれる。
呆れた美緒はその場を離れ、自分の机に落書きをする。
落書きはまもなく完成した。

第2話に続く・・・  


Posted by 電子回路 at 22:44Comments(6)僕と、君と、ときどき仕事